50代の恋愛で見るべき点はルックスよりも人格

イケメンの末路

こんなに世の中にはシングルの男女が溢れているのに、「どうして私だけパートナーが見つからないの?」ってお嘆きの50代女性が大勢いらっしゃると思います。

まぁ、こればっかりはご縁のものですから、吼えても嘆いても巡って来ないご縁は巡って来ないものです。
それよりもちょっと胸に手を当てて考えてみましょう。
もしかしてあなたは、男性をルックスだけで選別していませんか?

もう私たちアラフィフで、ヘタしたらもうやがてアラ還ですよ。
いまさら男性の見た目にこだわってどうするんですか。
イケメンだって田村正和のようなブリザードフラワー的なフェロモンを放ったままのおじさんもいれば、ジュリーのように別人になっちゃったおじさんもいます。

田村正和みたいのがミラクルなんであって、一般の男性は歳を取ったら大体ジュリーみたいな残念な感じになっちゃいますよ。
僻みじゃなくって、見た目だけで男性を選んでしあわせだったと手放しで言っている女性に私はまだ会ったことがありません。

50代 男性の選び方

私ですか?
男性の外見はまったく気にしませんよ。
ホームレス級のばっちい男性ならドン引きしちゃうかもですが、一番重視しているのはその男性を尊敬できるかどうかです。

尊敬に値する男性かどうか?

自分と価値観が多少違ってもいいんです。
すべてが一致した人間なんか、もう現れないと諦観していますから。
なにか私よりもすぐれたものを持っている男性、知性のある男性、仕事のできる男性。
それを基準で男性にはアプローチします。
外見は良ければ良いに越したことはありませんが、それは私にとってあまり重要ではありません。

その結果かな?
まぁ、失敗も多々やらかしますが、私は本気を出したらお医者さんとか社長さんとかそんな社会的にステータスのある男性しかゲットしません。
それまで尊敬できる男性から色々なことを学ばせてもらって、それを活かした結果がそう言うことなんです。

私も外見も内面も常に向上させたいと考えています。
そのためには恋愛も生きる活力になります。
愛されること、大切にされること、それは率直に学ぶ心があってこそ生まれるものだと考えています。

いかにクオリティの高い恋愛ができるか、お若い方には分からないかも知れませんが、宇野千代さんみたいな女性の生き方に私はあこがれています。
志を高く持てば、かならずすてきな恋愛ができますから、頑張りましょう。

(Visited 851 times, 1 visits today)

宮前黎子

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください