あら、消されちゃったのね

マッチングアプリで男性と会うことになりました

マッチングアプリで知り合った同年代の男性にカラオケに誘われたんです。
「まさかの、すっぽかし」 前回の轍を踏んで、今回は一応すっぽかされないように念押ししてカラオケに行って来ました。

いや、別にこれと言った特徴のあるような男性でもなく、ごくふつうの50代男性でした。
どちらかと言えば口が重く、いかにも真面目そうな様子だったし、昼間のお約束だったのでお酒を飲まされるようなこともなく、健全なカラオケデートでした。

50代 カラオケデート

けど、初対面の男性と会うのはストレスが溜まりますね。
この男性が私にとって特に恋愛対象外だったこともあって、余計に気疲れしました。
私が盛り上げてあげないと盛り上がらないような感じだったので、キャッキャするのも結構疲れるんですよね。
こんなんだったら、家で仕事でもしていた方がマシだったかも、って思ったりもしました。
別に私、そんなに楽しかったわけでもないから、こんなの飲み屋でおねえちゃんとキャッキャしてくれ、って感じでした。

けどまぁ、一応、お礼のメールを入れて置こうと思って、帰宅してからサイトのメッセージボックスを開いたんです。
そしたら手のひら返しが来ましたね。
マッチングリストの中にさっきあった男性がいないんです。

まさかの、男性から逃げられてたとは

先手を打ってお相手から拒否られた格好になりますね。
これはちょっとさすがの私も、ささやかなプライドが傷つきました。
「オマエが選べる立場か?」って思ったんですけれど、まぁ、私も次はないと思っていたから、もういいかーと思って、当分マッチングアプリはお休みするつもりでメッセージがつながっている人みんな、って言っても3名くらいですけれど、消去しちゃいました。

まぁねー、向こうも私が好みではなかったのは感じていたんですよ。
男性はサイト内でメッセージを入れるごとに課金されるので、「LINEの交換をしませんか?」って言ってみても、LINEやってないからとか言われたし。
これって婉曲に「次はないよ」ってことですよね。

拒否られたのは地味にショックなできごとですが、ちょっと学習しました。
初めての男性と会うのは、昼間の2時間程度がベスト。
そんなに好みのタイプでなかったら、過剰にサービスする必要はない。
ま、こんなところですかね。

(Visited 206 times, 1 visits today)

宮前黎子

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください