50代おばさん、恋と仕事をゲットして来ました

やっぱりなかなか切れない腐れ縁

「荒ぶる私」 以前こちらのページでご紹介した腐れ縁の彼なんですが、ふと連絡を取りたくなって、朝イチでLINEをしてみたんです。
「今日か明日、時間作れる?」って。

一応私の方が今回は怒り狂っていると言う流れになっているので、彼からはすぐに返事が来ました。
それも意外なことに「黎子さんに仕事をお願いしたいんだけど」っておみやげワードつきで。
これはまず、会ってみないと話が見えないので、とにかくその夜、彼の仕事が終わってから会うことにしたんです。

お約束は今回も夜9時と遅い時間だったので、おまけに接待あとって話だったので、またすっぽかされるんだろうなって思っていたんですけれど、1時間遅れで会うことができました。
接待があるとか、事情が分かっていれば多少の時間の変動やすっぽかされても仕方がないって諦めがつくんですけれど、理由も分からずに放置されるとイラッとしますよね。

驚いたことに私がLINEをした朝は、彼は出張で東京にいたんだそうです。
で、偶然だと思うんですけれど、彼も私のことを考えていたんだそうです。

仕事の話、来ました

それで仕事の話になったんですけれど、ま、要は自社サイトの改築です。
話を聞いてみると私にできないことではなさそうで、ワードプレスを活用した方が良さそうな案件だったので、ワードプレスでしたら私がなんとかすることはできます。
対企業の仕事って個人だとなかなか請けることができないんですよね。
私のポートフォリオ代わりにもなるでしょ?と彼は言ってくれたし、社内に若手で自社サイトの管理をしたいと言っている子がいるとのことなのですが、まだワードプレスの「わ」の字も分からず、FTP転送やサーバーの管理までさせるには、相当の時間がかかるみたいで、それまでのつなぎで私が枠組みを作って引き継げばいいみたいな話なんです。

対企業仕事ゲット

ちゃんと見積書を書いてからの仕事になるそうで、私も次のステップに進みたいので、この仕事はやってみたいと思っています。

今後は彼と連絡を取ることが増えていくと思いますが、半分以上は仕事の件になると思います。
いいお話を持って来てもらえて感謝しています。
以前、お付き合いしていた男性に「ビジネスパートナー的な関係でもいたいんだ」って言われたことがあるんですけれど、その肝心なビジネスの内容が分からないし、その男性の顔は好みだったんですけれど、それ以上深みにはまれなくて3ヶ月ほどでバイバイしちゃったんですけれど、今回の話は、なにしろ7年間の腐れ縁がありますからどうも逃げない感じがするんです。

40代の頃、ほとんど毎晩徹夜で勉強して来た甲斐がありました。
このタイミングでこんな風に生きるとは。

(Visited 415 times, 1 visits today)

宮前黎子

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください